BLOG

目は大切に☆

みなさん、こんにちは!
ムダな知識を意外と知っている平林です☆

ムダなことを知りたい方は、いつでも平林までお声をおかけください☆

本日は、多くの方が悩まれていらっしゃる『目の疲れ』についてお届けします。

人間には、五感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)と言われる、5つの感覚を駆使して情報を得ていますが、その内、視覚から得られる情報量の割合は『約87%』だといわれてます。

ちなみに、他の割合は、聴覚(7%)、触覚(3%)、嗅覚(2%)、味覚(1%)という割合なのですが、視覚は、他と比べて圧倒的な情報量を得ていることが分かります。

現代では、パソコンやスマートフォンの普及により、ブルーライトによる疲れ目や視力の低下などが懸念されていますが、単純にたくさんの情報を得るからこそ、疲れてしまうということが多くあります。

目の周りには、多くの神経や筋肉が存在しますが、他のカラダの部分と同じように、神経や筋肉をリラックスさせることにより、目の疲れがとれることに繋がります。

そこで、本日は、『目の疲れをとるための簡単ストレッチ』をご紹介いたします☆

◆疲れ目改善ストレッチ1

まぶたをギュッと固く閉じて、その後パッと大きく開きます。

これを数回繰り返した後、目をゆっくりと上下左右に動かしましょう。

最後に、右回りに1回転、左回りに1回転、ゆっくりと円を描くように両目を回します。

疲れ目がひどい時には、これらの動作を1セットとして数回くり返すと効果的です。

まばたきをすることで乾燥を防げるだけでなく、眼球を動かすので目のまわりの筋肉がほぐれて疲れが取れます。

◆疲れ目改善ストレッチ2

3mくらい先の遠くの目標を見てから、目から30cmほどの近くを見てください。

この動作を交互に20回くらい繰り返します。

可能であれば、屋外で対象物を遠めに設定すると良いでしょう。

この動きも目のまわりの筋肉をほぐす効果があります。

以上の2つのストレッチをご紹介させていただきました!

目の周りの温めてから、行なうとより効果的になりますので、蒸しタオルなどで1分〜2分目の上にタオルを乗せて目を温めてください。

ちなみに、蒸しタオルは、水に濡らしたタオルを電子レンジで温めると簡単に出来ます☆

本日も、最後までご覧いただき、ありがとうございました!

是非一度、お試しください!!!

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%82%a41

-BLOG